研究内容

沖縄県は亜熱帯島嶼域にあることから、日本列島の多くが属する温帯とは異なり、一年を通して太陽光線が強く、海洋性気候の影響を強く受けている。このような環境下においては、物理学的(熱、紫外線、強風など)、化学的(塩害や降雨による土壌成分の変動など)、生物学的(病害虫など)ストレスが大きいため、沖縄に自生する植物には高いストレス防御機構が備わっていると考えられている。これらのストレス応答に関わる分子には動物の生理機能に強く作用するもの(フィトケミカル)も多く、ヒトの健康に影響を及ぼす機能性成分として応用できるものも含まれている。

当分野では亜熱帯島嶼域の植物資源の機能的特徴を明らかにするとともに、それらの分子をヒトの健康維持へ応用するための研究をすすめている。

主な研究テーマ

  • 沖縄県に特徴的な生物資源による生活習慣病改善作用(ボタンボウフウ(長命草)、からし菜、シビラン(琉れん草))
  • フィトケミカルの相互作用による新たな機能性の発現と作用機序の解明(相乗的抗腫瘍活性、相乗的抗肥
    満作用など)
  • 熱帯樹木は暑さに耐えるためのイソプレンというガスの放出を一定温度を境にして効率よく制御している
    熱帯樹木は暑さに耐えるためのイソプレンというガスの放出を一定温度を境にして効率よく制御している
  • からし菜摂取による食後血糖値上昇の抑制
    からし菜摂取による食後血糖値上昇の抑制
  • アルクチゲニンとノビレチンによる相乗的抗腫瘍活性
    アルクチゲニンとノビレチンによる相乗的抗腫瘍活性

メンバー

役職 氏名
教授 屋 宏典
准教授 岩崎 公典
准教授(併任) 稲福 征志

キーワード